本日はお日柄も良く

本日はお日柄も良くお足元が悪い中、当ブログをお読みいただきありがとうございます。

f:id:usaoji:20210221194710j:plain

「お日柄が良いのにお足元が悪いとは何事だ。悪いのはお前の頭ではないのか」とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、何はともあれここはウサオジのブログでありますゆえ、どうかご勘弁いただければと思います。

そもそも、バケツをひっくり返したかのような土砂降りの直後に一気に晴天が訪れてしまった場合などには「お日柄も良くお足元が悪い」という状況もありうるのです。

であるからして、「本日はお日柄も良く、お足元が悪い中」という挨拶がまったく見当はずれの遣唐使であるとは限らないのです。

さて、遣唐使で思い出したのですが、かつて唐と呼ばれたあの国は、今となっては中華人民共和国として元気にやっておられるそうです。

立派に成長したようで、私ウサオジといたしましても鼻高々で誇らしい気分なのであります。

あのやんちゃ坊主だった唐が今ではあの超大国とはなあ、としみじみとしじみのように思っておりまして、ついでに言うならしめじでもあります。

話が脱線してしまいましたが、そもそも「本日はお日柄も良く、お足元が悪い中」と言ったところでブログを読むのには天気はそこまで関係ないのでございます。

そして、ブログというものはインターネットが端末に繋がっていれば基本的にどこからでも閲覧できるため、このブログをお読みの方の状況を「本日はお日柄も良く、お足元が悪い中」のように一概に特定できるものではございません。

人によってはさんさんと照り付ける太陽のもとで見ておられるかもしれませんし、あるいは豪雨の中でびしゃびしゃになりながら読まれている方だっているはずです。

もしくはご自宅でぬくぬくと読まれているのかもしれません。

そのため、読者の方の状況をやんややんやと考えると、冒頭のあいさつは「ご覧いただきありがとうございます」のような無難なものになってしまうのです。

 

さて、いよいよ何を話したいのかよく分からなくなってまいりましたが、私が伝えたいことは「今日は天気がとても良かったのでお散歩をしてまいりました」ということです。

春の訪れを感じる心地の良い日差しでございました。

おしまい。