一仕事終えてきました

昨日も申し上げました通り、今日は最終面接でございました。

人事の方や現場の責任者、そしてもし私が入社したら直属の上司になる予定の方といった錚々たる面々に囲まれおたおたしておりましたが、無事に帰宅し今こうしてブログを書いている次第でございます。

やはり思った通り、専門的な技術のことをいろいろ聞かれました。

これが技術職のつらいところでございます。

過去の業務経歴について詳しく突っ込まれて焦りましたが、とは言え思いのほかこちらは意外と評価が高そうだったのでまあ良しとしましょう。

しかしながら、「こういう業務はできますか?」みたいな質問への回答はあまり芳しくなかったかもしれません。

あまりやったことない業務について聞かれたので「あまりやったことないです」と正直に答えてしまいましたが、これが吉と出るか凶と出るかはよく分からんのでございます。

とりあえず「最低限の部分はできるのでそれ以上の分からない部分については勉強ながらであれば対応可能です」的な回答をしましたが、やっぱりこれは怪しいと言う他ありません。

とは言え、実際にやったことないものをやったことがあることにして、もし入社した後にバレちゃったりしたら大変でございますので、私といたしましてはできる限りのことはできたかと思っております。

しかしながら、家に帰って落ち着いて考えていると「ああ答えていれば」とか「こう答えていれば」といった反省が雨あられと降り注いでくるのでして、やはり人生とはつくづくうまくいかんものです。

さて、明日も引き続き最終面接がありまして、こちらも頑張らねばなりません。

というよりは、こちらの方が志望度的には高いのでより一層の努力が求められるのです。

また明日は現場の偉い人ではなく社長などの役員のお歴々が相手だそうなので、聞かれることもまた変わってきそうでございます。

先日エージェントさんに対策いただいた際には、明日の企業の最終面接では人となりを重視されるとの説明を受けたので、明日はきっとそういった質問が飛んでくるのだろうなあと覚悟しております。

また、適性検査の結果についてもいろいろ突っ込まれそうとのことですので、ここも注意が必要でございます。

能力(言語/非言語のテスト結果)の方は問題ないそうなのですが、性格面でいろいろ難があるらしいとのフィードバックを受けました。

まあ、私ウサオジは極めて癖の強い性格をしておりますのでさもありなんとは思っておりましたが、とは言っても明日は一体どうなることやらと不安であります。

ということでして、さて一体どうなることやらと、まだ明日のことだというのにもう緊張してまいりました。

ぜひとも明日の面接でこの転職活動に決着をつけたいものです。

おしまい。

f:id:usaoji:20210415191551j:plain

いよいよ明日は最終面接でございます

というわけでして、今日は最終面接の準備をしておりました。

志望動機などの基本的なところをおさらいしたりしておりましたが、もうここまできたらあとはやってみなきゃ分からん、というところまでは準備できたかなあと思っております。

明日の面接は現場の部長や技術系の役員の人が相手になるそうなので、これはちょいと厳しい戦いになるかもしれません。

極めて専門的な知識を問われてしまったらこれはもう負けを覚悟するしかなさそうですが、とはいえ何と言っても私はウサオジでございますので、いつも通りのこの巧みな話術でなんとか切り抜けてやろうと考えております。

さて、それともうひとつ、今日は先日応募して来週の面接が決まった企業の履歴書を作っておりました。

もし明日明後日と最終面接を受ける企業から内定が出たら辞退することになると思いますが、とはいえ万が一ということもございますので、準備しておくに越したことはないのです。

履歴書をデータ送付してくださいと言ってくれる企業は楽なのですが、もうやっぱり自筆とかなんとか言ってくる企業もおるわけでして、そういったところはまあいろいろ大変なのでございます。

とりあえずデータで作って良いところはもう作ってしまいましたが、自筆の方はまだまだでございます。

自筆はやっぱり精神的にも体力的にもきついものがありますので、土日にまとめてやってしまおうかと思います。

とまあ、今日はそんな具合でございます。

何はともあれまずは明日の最終面接に打ち勝って、ここは何としても良い流れを作っていきたい次第でございます。

おしまい。

f:id:usaoji:20210414194438j:plain

前職の求人を見つけたのでございます

今日も今日とて追加で応募する企業を探しておりました。

いろいろと検索条件を変えて探していたのですが、ふと見つけてしまいました。

前職の求人でございます。

前職の求人を見つけてしまったのでございます。

その内容から見るに、多分あれは私が在籍していた部署の求人だと思います。

f:id:usaoji:20210413202141j:plain

さて、言いたいのはそれだけでございますが、これだけだと書き足りないのでもう少しなんかてきとーに書いて内容を水増しします。

求人探しの他には、今日は今週後半の最終面接に向けて転職エージェントさんと対策をしておりました。

応募先の企業からフィードバックがありましたので、それを確認して次の面接で突っ込まれそうなところを重点的に対策しておりました。

とりあえず基本的な部分は答えられそうな感じに仕上がりましたので、あとはもう少し自信を持って伝えられるよう内容を煮詰めていく必要がありそうでございます。

また、企業の社風やら最終面接の担当者の印象やらの有益な情報を知ることができ非常に助かりました。

あとは当日、私ウサオジの見事な手腕で面接を乗り切るだけ、といった感じでございます。

ところで、昨日応募した企業の一部からちらほらと連絡が来ておりまして、もう既に2社の一次面接が決まってしまいました。

現在は日程の調整中でございます。

と、そんなこんなで思いのほか調子が良いのですが、面接でへまをして散々な目に合うのはもうごめんでございますので、この土日できっちり対策を講じておきたい次第であります。

ともあれ、まずは最終面接でございます。

これを乗り切らねば話は始まりません。

なんとしてでもここで決着をつけてやる、という意気込みでございます。

というわけでして、今日はまた引き続き面接対策をせねばならんのでこれにて失礼でございます。

おしまい。

応募再び、でございます

本日午後、面接の結果待ちだった企業から不採用との結果を突き付けられました。

よって、これで残るは今週後半に最終面接の予定が確定している2社のみとなります。

昨日も書きましたが状況は非常に悪いのです。

しかしながらここであきらめるわけにはいきません。

というわけですので、ここで私ウサオジは攻勢に転ずるべく、再度応募攻撃を仕掛けるのでございます。

f:id:usaoji:20210412195621j:plain

我らがエルンスト艦長もその著書『Uボート、西へ!』にて、「戦果がなければいかなる戦争も無意味である。そのためには全力を傾注せねばならない。」と仰っております通り、私も全力を傾注してこの転職活動を叩くのでございます。

というわけでして、今日は担当の転職エージェントさんと相談しておりました。

相談したところ、とりあえず応募だけして、もし今受けている企業から内定が出てそれを承諾することになった場合は辞退したらOKとのご意見をいただきましたので、今日からまた応募を仕掛けるのでございます。

今回は前回の反省を活かして職務経歴書を一部改善し、そしてまた応募企業を絞る際の条件(特に勤務地)も若干緩和するという作戦でいきます。

また、多少無理そうな企業でもとりあえず応募するというやり方は前回と変えません。

とにかく応募、応募、応募でございます。

とは言え既に目ぼしい企業の大半には応募しきっておりますので、今回の応募は多くても20社程度になる想定でございます。

多分、10~15社あたりに落ち着きそうな気がします。

あわよくばそのうちの1,2社は面接へと歩を進めることができるでしょう。

吉と出るか凶と出るか、こればっかしはやってみなければ分かりません。

しかしまずはこの目の前に迫る2社の最終面接を、このウサオジの手腕で見事蹴散さねばなりません。

万全を期して最終面接に臨む次第でございます。

そしてまたエルンスト艦長は『Uボート、西へ!』でこうも仰っております。

海上で勝利を収めんとする者、攻撃を常とすべし

でありますならば、私といたしましてはこう言うしかありますまい。

転職で勝利を収めんとする者、攻撃を常とすべし。

おしまい。

戦況報告でございます

f:id:usaoji:20210411200004j:plain

私ウサオジは転職活動中なのですが、現在の戦況はあまり芳しいものとは言えません。

ですがしかし、ここはちょいと赤裸々に現在の私の転職活動状況を報告するのでございます。

現状といたしましては、3月半ばに計28社ほど応募して、およそ1か月経った今となってはそのうちの3社を除いて全滅しているという極めて悲惨な状況であります。

ちなみに、昨日の記事投稿時点ではもう1社選考中の企業がありましたが、投稿直後に不採用の連絡がエージェントさんより入っていたことを確認しました。

また、選考中の3社の内訳は、最終面接まで進んだものが2社で一次面接の結果待ちが1社となっております。

しかしながら、その結果待ちの1社については、応募したポジションの難易度と先の面接の感触を踏まえて考えるに恐らく不採用ではないかと言う見立てでございます。

ちなみに選考を通過したとしても、まだ適性検査などがあって先は長いのでございます。

というわけでつまりは実質的にもう残り2社しか残っていないということであり、事態は非常に緊迫しております。

そして最終面接については2社とも来週後半に実施される予定であり、またその結果は遅くとも1週間以内に出るとのことですので、ということはつまり再来週にはすべての結果が出そろうはずなのでございます。

この2社の少なくともどちらか一方から内定が出た場合は迷うことなくそこでこの転職活動を終えその内定を承諾する予定ではありますが、今この状況下で考えなければならないのは2社ともに不採用判定を出された場合なのであります。

状況は非常に悪いのでございます。

ですので、今日は追加で応募できそうな企業をいくつか見繕っておりました。

明日、担当エージェントさんに相談してみる予定でございます。

また、書類選考の段階で落とされている理由にひとつ思い当たるところがございますので、職務経歴書の改善もしなければならないなあとも考えている次第であります。

というわけでして、とりあえずのところは来週も退屈せずに済みそうです。

さて、第一次世界大戦初期の兵士たちは「クリスマスまでには帰れる」と楽観視していたそうですが、今の私といたしましてはこの転職活動をクリスマスまでに無事に終えることができるか不安に思っております。

また第一次世界大戦と言いますと『西部戦線異状なし』という小説・映画が有名なのですが、私の高校時代の世界史担当の先生がこの作品のオチを思い切りぶちまけていたのでございまして・・・

って、そう言えばこれ前にも書きましたね。

usaoji.hatenablog.com

年を取ると昔のことばかり話すようになっていかんのでございます。

これを読まれている皆様におかれましては、「さすがにあのウサオジさんも寄る年波には勝てず耄碌しだしているのだなあ」といよいよ思い始めている頃かと思います。

というわけですので、これ以上醜態を晒してしまう前に今日のところはおしまいにします。

と、その前に、そう言えば第一次世界大戦で思い出したのですが、当時Uボート艦長を務めていたエルンスト・ハスハーゲンという方がその著書『Uボート、西へ!』にてこのように仰っておりました。

戦果がなければいかなる戦争も無意味である。そのためには全力を傾注せねばならない。

ということですので、そろそろ私も戦果を上げねばなるまい。

おしまい。

ゆっくりしてました

昨日はやんややんやとあったおかげでゆっくりできたと思いきやできなかったのですが、今日こそはゆっくりできました。

今日は土曜日ということもあって企業から選考結果の連絡があるというようなこともなく、総じて平穏な一日でした。

ですので、転職活動のことは一旦脇に置いてちょいとつかの間の休息をしていたのでございます。

とは言え、今面接の結果待ちの企業のひとつについて、これがもし受かっていたら適性検査になるとのことですので、一応少しばかりは適性検査のお勉強をしておりました。

ただポジション的にちょいと難易度が高そうな感じがしたので、あまり期待はしないでおきます。

ともあれ、今日はそれ以外には特に何もしていないので書くことがないのでございます。

さあ、まだそこまで書いてもいないのでここで、もう一声、と行きたいところなのでございますが、本当に何もなくてどうにもならないなあと思っている次第でございます。

ちなみに明日も似たようなもので、来週の最終面接対策をちょいとする以外には特にやることがないのですが、さすがに2日連続で「ゆっくりしてました」は反則だろうと思いますので今必死に何か秘策を考えている次第でございます。

さて、昨日までは転職活動で忙しかったのですが、最近は選考状況が芳しくないこともあってそろそろ閑古鳥が鳴きそうなのです。

いよいよプランBを発動するときが来そうな予感ですので、今こうして必死にそのプランBとやらを考えております。

明日の記事についてよりも、こっちの方を考えねばなりませんがどうにもこうにも思いつきませんね。

ですので、来週になったら私の転職活動に協力していただいているエージェントさんに相談してみましょうかね、といったところなのでございます。

来週の最終選考がうまくいってくれればめっけものなのですが、いかんせんこればっかしはどうにもなりません。

現に、この前受けた最終面接では不採用を喰らってしまいましたし。

とりあえずはぼちぼちと最終選考の準備をしながら、あとは映画『きっと、うまくいく』でもランチョー導師が言っていた通り、胸に手を当てて「うまーくいーく」と唱えておくくらいしかないのでございます。

さて、なんやかんやで今日もそれなりに記事が書けてしまったので、そろそろおしまいにしようかと思います。

今日は久ぶりの落ち着いた一日でございました。

おしまい。

f:id:usaoji:20210410195928j:plain

ゆっくりしてました?

今日は久しぶりに転職活動の予定もなく、また確定している面接の予定ももう少し先なので準備もそこまで忙しくなかったおかげでゆっくりできました。

というわけでして、今日は書くことがないのでございます。

冴えない無職のオジサンが自宅で一日中ぐだぐだだらだらしていただけなのです。

とは言え、少しだけ、本当に少しだけ転職活動してました。

昨日の面接(と言うよりは企業説明)を受けてきたところから日程の調整依頼が来ておりましたので、それに返信しておりました。

日程調整自体は問題なさそうだったのですが、しかし、その面接の内容に問題があったので企業に確認してもらうようエージェントさんに依頼しておきました。

f:id:usaoji:20210409195524j:plain

と言いますのも、昨日のお話では次は現場の担当者との面接みたいなお話を伺っていたのですが、今日の連絡では役員面接と書かれていたのでございます。

なんのこっちゃわけがわからんのですが、この短期間に何かあったのでしょうか?

向こうの企業内部での手違いなのか、企業の担当者の人からエージェントさんへ連絡するときに間違えたのか、あるいはエージェントから私に来るときに何かあったのか、それが分からんのですが、とりあえずエージェントさんに確認したら一番最後の可能性なさそうでした。

となると、企業側で何かあったのですが、そうなってくるともう私には手に負えない問題となってくるのです。

というわけでエージェントさんに確認を依頼したというわけでございます。

それともし次が役員面接であったとしても、その前に現場の人と話ができないとなるといろいろと致命的なのでございますので、できれば現場の話を伺ってみたいなあと思っているウサオジなのです。

そして今はその確認待ちの状態なのですが、この時間になって回答が来ていないとなるとこれは多分来週の連絡になるかもしれません。

さて、今週受けてきた他の企業の面接で結果待ちのものがあと2つばかりあるのですが、昨日死亡フラグを立てたというにもかかわらず、あろうことか今日は連絡がありませんでした。

これもまた多分来週の連絡になりそうなので、きっと土日はやきもきしながら過ごすことになるのでしょう。

今週もお疲れ様でございます。

と、そんなこんなで今ブログを書いているのですが、気づけば連絡が来ていました。

どうやらやっぱり現場の人との面接だったようです。

なんだかんだ言って、今日はゆっくりできたようで忙しい一日でございました。

おしまい。